わらうりブーー

自由で無限の「本来の自分」を思い起こすこと それを伝えるブログです。

気分は「変える」な

さて、ちょとだけ記事書こ(・ω・)


「心」は自分で自分を

変えることができません(・ω・)

だから、「心」を操作して変化を起こすことができません。

気分が落ち込んだとき元気を出そうとしたり、気持ちが落ち着かないとき落ち着こうとしたり、怒りが湧いたとき鎮めようとしたりと、いろいろしますが、基本的にそれは

無理がある(・ω・)

ということだけ、知っておきましょう。

「心」をいくら操作しても、まあ、家具を置き換えて、お部屋の模様替えをしたぐらいのものです。ちょっと気分が変わるくらいの効果はありますが、しょせん、その部屋からは出られていないということです。

気分が落ち込んだり
気持ちが落ち着かなかったり
怒りが湧いたり
不快になったり

したときは、その部屋から出た方がよいです。つまり、そんな「心」から出てしまえということです。

全体の観点から、その「心」を見てください。「心」の中に起こるっているものを、ただ見る。事実をただ事実として見る。

もう、何年も何回も言い続けている、

「見てるだけー」(・∀・)

です。ハイ。そして、あとは、

なんもすんな(・∀・)

です。これで新しい世界が開けます。

(^ω^)


とにかく、「心」は自分で自分を変えることができなんだと、よーくよーく覚えておいてください。これが感覚というか、思考以外のところで理解できたとき、あなたは、

「目覚めた」(・∀・)

ということになるんです。するっと行きまっせ。

「見てるだけー」で「なんもすんな」で「ああ、そうか」 

で、

「悟り」(・∀・)

です。ハイ、ちゃんちゃん♪(´∀`)


押しまくったれ(`・ω・´)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


IMG_0900
@群馬県東吾妻町

ホントにそれだけ

つぁー、暑いっ! (ノ`Д´)ノ

まあ、言っても仕方ないんですが、ついつい言ってしまいますね。
(´-ω-`)


この世界に個人としての「私」がコントロールできるものなんてありません。暑さなんてまったくコントロールなんてできない典型です。そんなもんに文句を言ってもどうしようもないです。

事実をただ事実として見る

それだけです(`-ω-´)


何か困ったことが起きているとき、私たちはどうしようか、何か良い方法はないかと、いろいろ思考をめぐらすわけですが、そんなことをしても決して良い結果にならないことを、私ウリエルは知っています。
良い結果を得ることができるどころか、思考なんてもんをめぐらせばめぐらせるほど、

最悪の結果

になる。そうなることを知っています。「下手な考え休むに似たり」どころではありません。休んでいるのならずっといいです。実際はおそらく悪手を打ち、混迷をさらに深めます。

ですので、

事実をただ事実として見る

これ以外の行為はいっさい

いたしません(・∀・)

起こっていること、そして、それに対して困っている自分、それをただ見るだけです。みなさんもそうしてください。それ以外は何もしないでください。
(^ω^)

けれど、何もしないってなかなか難しいです。何かしてしまいます。ならば、その何かしてしまう自分がいるという事実をまた事実として見ればいいんです。ようするに、常に『意識』の中にこの世界があるという視点に立っていろということです。「全体」から見ていなさいということです。

ひたすらそれだけです。

ホントにそれだけ(・∀・)


これはエネルギーのムダ遣いをやめるだけとも言えます。ホントにひたすら「見てるだけー」です。なんの努力もしません。というか、ひたすら「見てるだけー」でいるという努力のみします。「全体」の見地に立って静止しているという努力だけしています。

良い結果、最適な結果に落ち着くには、どれだけ頻繁に、どれだけの時間、「見てるだけー」でいるか。それにかかっているんですよ。

どれくらい「全体」でいるか(・∀・)

ということです。ホントです。めっちゃくちゃシンプルです。
(^ω^)

あとは流れに任せます。テキトーに流していればいい。何か思いついたなら、それをやってみるのもいいし、面倒ならしなくていい。それで気づいたら勝手に、

豊かでおもしろい世界

になるんです。どう転ぼうがそうなってしまうんです。

ホントです(・∀・)


まあ、考えに考えた末、最悪のことをやってしまうってのも、豊かでおもしろいとも言えますけどね。

大丈夫なので、それも体験するのもいいです。
(´∀`)


押せ押せ!(・∀・)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

IMG_0474
@福島県只見町



「Maybe,Maybe Not」

さて、記事でも書こう。

夏場は頻繁に更新できなくなりそうです。まあ、まったりと。

(^ω^)

まずはとりとめのないお話を。

先日、米国のトランプさんが撃たれました。でも、耳を貫通しただけ。あと、1センチずれてたら死んでいたかもしれません。いや、本当に強運な人だ。おそろしいばかりの強運ですよね。
(・ω・)

んで、どうしてもトランプさんが好きになれない人たち、どうしても選挙で勝ってほしくない人たちは、ネットの中でさっそく「自作自演じゃねーか?」、なんてことを言い出して。

あれを自作自演でやろうと思ったら、なかなか手の込んだことしないといけないとは思うんですが。というか、無理だろうな。自作自演で何かするなら、もっと成功の可能性が高い、他の手もあると思うし。

それでも、どうしてもトランプさんに選挙で勝ってほしくない人たちは、無理やりにでも「自作自演説」をまき散らすのです。ウソも大声で言い続ければなんとやらです。


でも、可能性としては「ゼロ」ではない。ものすごく難しいけど、できないことはない。
(・ω・)

この、『可能性としては「ゼロ」ではない』がクセモノでして。

「ゼロ」ではない以上、

そうかもしれないし、

そうじゃないかもしれない

なんですよね(^ω^)

「Maybe,Maybe Not」(・∀・)

です。


この「Maybe,Maybe Not」、「そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない」が、思考は大嫌いです。善悪や白黒がはっきりしていないと困惑してしまう。けれど、この世界に現れているあらゆるものは、

そうかもしれないし、

そうじゃないかもしれない

なんです。あなたがたった今見ているこの世界は、現実なのか夢なのか、絶対に現実と証明することができますか? もしかしたら夢かもしれない。「現実かもしれないし、そうじゃないかもしれない」なんです。
(^ω^)

人としての成熟って、この「Maybe,Maybe Not」を

どれだけ受け入れているか

にかかっているんですよ。

(^ω^)

子供は悪玉をやっつける正義のミカタが大好きです。善悪、白黒がハッキリしているから、わかりやすい。
けれど、大人になって行くと、世の中そんなに善悪や白黒がハッキリしていないことがわかってくる。盗人にも三分の理がある。世の中って、いろんな視点で見ることができ、大半が白黒つけれないグレーなんだなと。ものごとを一面だけから見ても、それは、

「かりそめ」(・∀・)

の姿にすぎない。本当のところはわからない。だから、わからないを受け入れて、わからにままに生きていく。そうやって人は成熟して行くんです。


でも、そんな「かりそめ」を、これが『真実』と決めつけると、とたんにおかしくなります。一気に間違いが始まります。そうやって、間違いまくっているのが人の世です。
(^∀^)
説明すると簡単なことです。何かを『真』と決めつけてしまうと、この世界は二元ですから、必ず『偽』も出来てしまうんです。そうやって真偽の輪を回り続けているんですよ、ニンゲンって。

あらゆるものを、「Maybe,Maybe Not」と見ることに慣れてください。

そうかもしれないし、

そうじゃないかもしれない

しか、『真実』はありません。あらゆるものごとは、本当のところは「わからない」

1+1=2だって、「Maybe,Maybe Not」なんですよ(^ω^)


すると、間違いようがないでしょ(´∀`)

なにもかも「Maybe,Maybe Not」だと、間違いも起こらんですよ、ハイ。

もし、あなたが、

「おおっ!、これこそが『真実』だ!!!」(゚∀゚)

というものを見つけたら、即座にそこから離れてください。そこにとどまってはいけません。そして、

「Maybe,Maybe Not」(^ω^)

と、自分に言ってください。

これが成熟した「大人」です(´∀`)


お、押してみよう…
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

IMG_3370
@熊本県阿蘇市
ギャラリー
  • 気分は「変える」な
  • ホントにそれだけ
  • 「Maybe,Maybe Not」
  • デフォルトモードネットワーク
  • 「正しさ」という憎しみ
  • 「嫌われたくない」
  • 自由になろうとしている限り自由にゃならん
  • 本当にやりたいこと
  • コントロールはできません
プロフィール

笑うウリエル

「わっかっちゃった人」俗に「覚醒した人」というらしい。
この世が面白くて楽しくて仕方なく、それをみんなに言いふらしたいだけのバカ。旅人でもあり、言いふらしにどこへでも行くもっとバカ。
ちなみに職業は、たこ焼屋さん

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
  • ライブドアブログ